*不思議体験シリーズ~北海道編⑤~*

現在に至るまでを細かく書いたシリーズもの。

不思議体験やいかに!
(この辺から、過去と現在が一気にリンクしていきます)

*******

 

引っ越し作業が終わり
いつも通りの、生活に戻った頃でした。

 

 

* 北海道最後の家にいた男② *

 

 

当時はまだ、母様も週に数回はパートに出ており

午前中の家には、私と息子の2人。

 

晴れた日の朝、静かに目を覚まし
ボーッと天井を見つめた次の瞬間

 

男の声

「グウェェェェェ」

 

と今までに聞いたことのないような声質の、男のうめき声がしました。

 

愛美

(……声、やんな、今の)

 

驚きに、思わず、体が固まりました。

 

声のボリュームから距離を測るに、同じ室内、それも半径30㎝以内。

 

愛美

(声やとしたら、至近距離。右側。でも、見当たらへん…んー、外の工事の音かな?)

 

外では、道路の、補修工事が行われていて、窓をしめていても煩かったのです。

 

とにかく、恐怖が勝ってしまうと、弱気になるので

息子を抱き締めながら、努めて冷静に考えていました。

 

愛美

(気のせいにしておこー。起きて、窓を少し開けて、TVも付けて、ご飯に洗濯!大丈夫!)

 

幸い天気もよく、全ての部屋に、陽射しが行き届いていたんです。

 

愛美

「息子くーん。おはよー!起っきして、ご飯食べようねー」

 

まだ、言葉も話せない息子に、私は懸命に話しかけていました。

 

数十分後には、朝食も終わり、洗濯を干すため、心配ながらも息子をベビー布団に寝かせ、

お風呂場にある、洗濯機から、洗い上がった、洗濯物を、取り出そうとしたときです。

 

男の声

「グウェェェェェ」

 

再び!

あの男の声が、左耳元で聞こえました。

 

愛美

(こいつ!私が霊感あるって気づいとるな!!それより…息子くん!)

 

私には、恐怖心もありましたが、何よりも、息子の安否が気になり

洗濯物を、放り出したまま、リビングで寝ている、息子の元へ走りました。

 

そこには変わらず、ニコニコとした顔で、布団に寝転がっている息子。

 

愛美

「よかった…無事や」

 

ホッと、安心したのも、束の間で

息子を抱き上げた瞬間、背後に気配を感じました。

 

私の後ろを付いて歩いているのです。

 

腹ただしさと、恐怖と、息子を護らなくてはいけないという、複雑な心境のなか、心の中で男に話しかけました。

 

まさに一触即発。

 

私の緊張感は、頂点でした。
※坂本は怒ると、非常に言葉が汚くなります。

 

愛美

(おい、後ろのおっさん。テメェ聞こえてンだろ?人の後、くっついて歩いて楽しいか?何がしてぇんだよ)

 

〔……。〕

 

返事はなく、続けて話しかけました。

 

愛美

(無視してんじゃねぇよ。あんた、死んでんの、自覚してんだろ?さっさと上がれよ。ここは今、私の家だ。未練残してたって何にもなんねぇよ)

 

〔……。〕

 

相手からは何の応答もなく、無言のままで、私の後ろを離れました。

緊張が、少しだけほぐれて、そっと息子の顔を見ると、スヤスヤと寝ています。

 

愛美

(…この子、私の力を受け継いでるはずやのに、呑気に寝てる。怖くないんやろか)

 

私には、息子が能力を、受け継いでいることが、解っていました。

 

性格もよく似ており、思春期を過ぎるまでは

能力の制御が、本人だけでは、難しいであろうことも。

 

そんなことを、ぼんやり考えていると

母の寝室から物音が聞こえました。

 

何かが床に落ちた音。

 

母の寝室は、私が内覧のときに、焼死体の痕跡を見た部屋です。

 

愛美え

(家の中、歩き回っとるやん。しかも物落とすなよ。どないしょー、これ、早くなんとかせんと、落ち着かんなぁ)

 

息子をギュッと抱き締めたまま、リビングのコタツで横になると

男は私の隣までやって来て、ジッと顔を覗き込みます。

 

愛美

(近い、近い、近い!見すぎや!離れろ!触ろうとすんな!冷気出とるわ!)

 

 

時刻は午後12時過ぎ。

 

 

母が帰ってくるまで、残り2時間。

 

そして、その内の、約30分間。

コタツの中で、攻防戦を続けました。

 

金縛りに合ってるわけでもないのに、動けない。

 

そして、私の顔付近だけが、異常にヒンヤリしていて

息子は変わらず、私に抱かれたまま寝ている。

 

愛美

(母さん!お願い!早く帰ってきて!)

 

 

その瞬間!

 

「ただいまー!」

 

玄関の戸が開き、母の声がしたのです!

 

 

続く!

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me