*不思議体験シリーズ~京都編~*

現在に至るまでを細かく書いたシリーズもの。

不思議体験やいかに!
(いよいよ、京都編!)

******

2013年 2月末。

今から3年前の
この当時、私は25歳。

新千歳空港から、関西国際空港に降り
特急はるかに乗り換えて

ようやく京都駅に着きました。

《古都・京都という処》

愛美
「うぅ~、やっぱり言うても、肌寒いなぁ。骨身に染みるし、京都の寒さは相変わらず嫌いや」

開口一番、こう言ったのを覚えています。


「あんたの身体は、鶏ガラやからなぁー」

愛美
「ほっといてくれ、太れへんのじゃ」

ゴロゴロと、スーツケースを引き歩き

京都駅の中央改札口を抜け

京都タワーが見える場所まで歩いたとき

愛美
「……」


「急に立ち止まって、どないしたん?」

違和感を察して立ち止まった私に、母は問いかけました。

愛美
「物件探しの時までは、急いでて、わからんかったけど…。
さすが京都、って処やなぁ」


「何なん?」

愛美
「結界」


「うん?」

愛美
「頭痛い。結界なのか、結界みたいな物なのか、よう解らんけど、空間、なんか変や。
で、頭痛い。
また面倒くさい処やな、本当に住んで大丈夫なんかな」


「お母さんには全く解らんわ。
よく、お母さんのお腹から、あんたみたいな子が、出てきたなぁって、感心するわ」

愛美
「自分で生んどいて何言うてんねん!(°Д°)

親父(青森県出身)の方は、こういう能力者が多かったんやろ?

京都のお祖母ちゃん(母方の祖母)だって、國は三重県やし、伊勢神宮の近くに古くから住んでる一族や。

どっちに似ても、不思議はないやん、たまたま、私に色濃く出ただけや」


「そらそーやけど…。」

愛美
「京都は歴史が古いのは勿論のこと、陰陽師も居た処やし呪術も当たり前やったやろうしなぁ…。
ほんでも、やっぱり変や、空間が…。

とりあえずホテル行って休もか。
ホテルも何か、居そうやけどな~。息子も大丈夫かね…」

駅前からバスに乗って移動。

京都市内、中心部のビジネスホテルで

引越しの荷物が届くまでの、2日ほどを、過ごすことにしていたのです。

受付を済ませ
部屋に入るなり

何者かの視線を感じ取りました。

3階の角部屋。

部屋の2辺は窓ガラスなのに
窓越しに視線を感じたのです。

愛美
「息子くん、この部屋、怖くないの?」

息子
「んーん」

首を振って、平気だと答えます。


「なに?何かいるの?」

愛美
「見られてる。窓越しに」


「何か解らへんの?」

愛美
「わっかりっませーん!

京都なんて魑魅魍魎、妖怪、幽霊…数えきれないくらい、いるもん。どこかの神様の視線だけかもしれんし。
息子くんが平気なら問題ないし、放っとこ。
神棚の塩もあるし。

あー疲れたー!」

何も解らない母と、怖くないという息子には

害がないと判断し
ひとまず、皆で身体を休めることにしました。

ベッドでゴロゴロしている私に

母は再び訊ねてきました。


「結界ていうけど、あんたは、どう感じてるの?」

愛美
「…まず、京都市内。
この街が地上と言う、地球に面した、一番下の階層として考えたら、上空で蓋をされてるように感じる。

鍋の底に、街並みがあって、蓋をされてるって言うたら分かりやすいかなぁ。
鍋の側面が、結界の壁。
それが何重にもなってる」


「なるほどなぁ」

愛美
「でも、その結界、特に一番強い結界が、所々、穴の空いた状態になってる。
これ、放っといても、いいことないで」


「それ なんとかならんの?」

愛美
「何とかしてやりたくても、なんの修行も積んでこなかったし、素人や中途半端な能力者が手を出しても、悪化するだけか、ろくなことにはならへん。

自分の力量を見誤ったら、大変なことになるし、少なくとも見誤るほど私はバカちゃうで」

暫くは静観や、全貌を見ないと、なんとも言えないよ、と

母に言い
ホテルの近くだから

晴明神社
(安倍晴明を祀った神社)に

行こうかという話になりました。

→続く!

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me