*不思議体験シリーズ~京都編②~*

現在に至るまでを細かく書いたシリーズもの。

坂本の不思議体験やいかに!
(京都編)

******

ビジネスホテルに入り

謎の視線を無視し

更にゴロゴロと寛いだあと
徒歩圏内にあった

陰陽師、安倍晴明を祀る
「晴明神社」に足を運びました。

《陰陽師 安倍晴明》

私にとって
晴明神社は、実に10年ぶり。
(15歳のときに、参拝しています)

堀川通りから
(京都市内の通りの名前)

鳥居の下で一礼し
正道を避け歩きました。

愛美
「相変わらず空気がええ」

母は、思ってたよりも小さい神社なんやね
と呟いていました。
(母と息子は、この時、初めて)


「お守り、買うといたら?」

愛美
「うんにゃ、ここのは必要ない。用があるのは境内と、その隣のご神木さん」

3人で参拝を済ませて、ご神木と対面。

合掌して心の中で話しかけました。

(ご無沙汰しております。
理由あって、京都に還ってきました。
これから、お力を、お借りしに来ることもあるかと思います。
よろしくお願い致します)

一礼して、挨拶を済ませたとき、ご神木から返事をいただいた気がしましたが

この頃の私は、まだ、樹と話すことに慣れていませんでしたし

同じような人が身近に居らず
自分の能力のことを聞くこともできず

疑心暗鬼な所がありました。

愛美
「ええところや。ホッとする。清廉潔白」

晴明神社は、私の拠り所の神社になりました。

******

※晴明神社は
安倍晴明の邸宅の跡地。

今尚、彼が張った結界は活きていますし

それによって人間界と霊界の均衡が
保たれています。

現代の半端者が崩してはならないし
崩した後の、処置はできないでしょう。

どうか、触らずそのままにして、いただきたい。

******


「清廉潔白。あんたの口から、そんな言葉が出るとはなぁ。

何もしてないのに、年々
力は強くなってるみたいやし」

愛美
「もう、20代後半やで。
我欲に走ってた10代後半の時とは違う。

とことん、ゲスな生き方をして
もう私利私欲に、やりたいこともない。

W先生も言うてたやろ?
人は、煩悩や試練が終わると

1枚ずつ、殻が剥がれて、中心(魂)だけが残るって。

だから、力が強まってきてるんちゃう?」


「確かに、あれやこれや言わなくなったな」

愛美
「地位も、金品も男遊びも飽きてるからな。
特別な贅沢は、自分には必要ない。

どこ行っても私は私。

家族食べさせるだけのお金と
知識欲・睡眠・食欲くらいやし。

睡眠欲は能力と同じくらい強くなってきてるから
そのうち死ぬんちゃう?

生きることにも興味ないけどな
母さんと、息子のためには生きるよ。

あー、でも人助けはしたいなぁ」

表の世界は、なんとも平和ボケやー。
私が死んだら、誰かに臓器提供してなー。

人間、遅かれ早かれ、いつか死ぬんやから

なりふり構わず
やりたいことはさっさと済ますのが1番やー。
おかげで、興味牽くものが0。
あ、堂々巡りやな。

他に、どっか行く?
無ければホテルに戻る?

聞くと

母からの返事は
ホテルに戻る。

だったので、近くの地下鉄駅で
京都市のマップを貰い
ビジネスホテルのベッドの上で

次の目的を決めるべく
話し合いを始めました。

→続く!

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me