*不思議体験シリーズ~あとがき~*

裏話と、あとがき

*裏話*

シリーズ~京都編⑫~最終話で

レイヤさんと私が、多く会話をしてるように書いてありますが

実は、テレパシーで会話をしてる部分も“会話”として

あたかも声を出しているかのように描いています。

文章にも起承転結があるように

会話にも起承転結がありますが

実際には“起”と“結”しか声には出しておらず

“承”と“転”はテレパシーで…

というのが当たり前のセッションだった。と、私は感じています。

更に、文中には書いていませんが

レイヤさんの、探し物は何かを当てる透視と言うのもやっていました(笑)

見事に的中で
レイヤさんも驚かれていました。

「私の探してるものは見付かるかなぁ?」

との言葉だけで

「こんな形で、こんな大きさで、こんな見た目の物で、周囲の雰囲気は、こんな感じ」

驚かれていましたし、苦笑いされていましたねf(^^;

これに関しては

レイヤさんが、波動の合いやすいかただったので

観やすかったんだと思っています。

また、レイヤさんは九州の旅を終えて1度、ご自宅に戻られていて

ご自宅から、直にH県に向かう予定だったと仰っています。

京都に寄る理由は、特になかったんだそうです。

私がFacebookの投稿で

紫龍様がレイヤさんを呼んでしまった。と記載すると

私もそう思ってた!と賛同されてるので

本当に紫龍様が呼んだものと考えています。

*補足解説①*

京都編⑫に於いて

“15歳の時に出家しなくては”

とありますが

当時、中学3年生の15歳。

漠然と出家が頭にあり
日々を過ごしていました。

思春期であるうえに
能力のコントロールが未熟だったため

現実世界と

見えない世界の両方に

振り回されていたのも、この頃が1番酷かったです。

能力のコントロールのためにも、最善の方法が、出家だろうというのが答えでした。

*補足解説②*

メッセージでいただいた

仏様の名前を見たときに

“ああ。ついにこのときが来たんだ”

そう思う理由になった仏様の名前。

正確には仏様の簡易解説です。

・大日如来様
日本では真言密教において最高位。
宇宙の真理とされています。

・不動明王様
通称、お不動さん。
密教の根本尊、大日如来様の化身と言われています。
真言宗では大日如来様の脇侍。

・薬師如来様
東方(浄瑠璃世界=現世)を、瑠璃光を以て、衆生(民衆)の病苦を救うとされています。
眷族に12神将。

・月光菩薩様(がっこうぼさつ)
薬師如来様の脇侍。
月の光を象徴する菩薩様。

・弘法大師空海様
真言宗の開祖。
弘法大師は諡号。

なぜでしょうかね。

不思議と、薬師如来様と月光菩薩様が含まれてることに、違和感を感じなかったんですね。

空海様も。

薬師如来様には、自分のことも含め、家系の因縁、全ての過去を清算したよ、と言われている気がしました。

そもそも、表社会に出てこられる人じゃないので、私は。

育った環境が裏社会なので

何故、人が外道といわれる道に逸れるのか。

何故、悩みが生まれるのか。

そういった人たちの気持ちも子供の頃から
常々考えていましたし

説法なんかも、結果として人を癒し導くものですから…。

今までの経験を活かせ。

そう言われてる感じを受け取っています。

空海様は

シリーズ~北海道編⑫~でも

W先生が仰ってるように

役行者神変大菩薩様と縁があって
(正しくは、役行者の血縁者だったと言われています)

前世の行者の魂が、そのまま転生してますから

あぁー結局、、、修験ですか!って(笑)

高野山にも、入るかどうかだった時もあるくらいなので

なんか簡単に納得したんですね。

やはり仏門に入る方向かなと。

~補足解説③~

全編を通して読んでくださった方々には、わかると思いますが

私は特に何をするでもなく、能力が上がっています。

今でこそ修行に入っていますが
本編では、なにもしてません。

魂が行者なので、今生で陰徳や功徳というものを

知らず知らず積むことにより

能力が上がったと思われます。

生まれつきのやつは、そんなもんです(笑)

事実、能力が上がり始めた頃からが

家系の清算に奮闘していましたし、心身を鍛えた時期です。

本気で父を殺そうと企てていましたし

どうやったら因縁が切れるのかと、あの手この手の毎日でした(笑)

いや、ほんまに、務所入ることにならなくてよかった(笑)

~補足~

実は書けていない、体験もあります。

そして、レイヤさんから

“東寺さんへ行ってください”のメッセージをいただいてから

年明けに東寺さんへ行って仏様から

更にメッセージを頂戴しています。

それは「寺社仏閣探訪」のカテゴリで既にアップしています。

*あとがき*

ここまで、お読みくださり感謝致します。

約1年かけて書いてきました
不思議体験シリーズ。

このシリーズは

私の実体験であり、ノンフィクションです。

プライバシー保護のために、名前を変えていますが、出来事は事実です。

実名をお借りした御方には、感謝申し上げます。

また、本編に関しましては
私の能力が上がったとき

能力が上がったであろう事象のみを、抜粋して描いています。

そして敢えて、抽象的に書いている部分が多いです。

わかる人には解るようにと。

この本編の裏には

blogなんかでは書けないような、規制に引っ掛かりすぎる出来事が

日常生活として、ありました。

中学以前からの煙草、飲酒を始め

DV、機能不全家庭

異性関のトラブル、任侠

細かく挙げたらキリがないほどの

異物や異様な環境が普通の中で

どれだけ“芯”を持ち続けるかが

龍が付く大きな別れ目だったと

私自身は思っています。

そして、心折れずにいられたのは

私の芯の強さの賜物であり

その芯を形成するために

側にいて支えてくれた

親兄弟、友人や恩師のお陰です。

そして、これまでの過去で

多くを学ぶことができたことに

感謝しかありません。

愛美

****

人は皆

何かを得るために

生まれてきます。

貴方自身のことであったり

他人のことであったり

学問であったり

お金であったり

対人関係であったり。

悩みがない人などいません。

悩みながら、その中で貴方なりの答えを探し

前に進んでいくからこそ

多くのものを得られるもの。

間違えてはいけないことは

貴方と他人は、別の人だということ。

十人十色、百人百色。

貴方と人の人生を混同してしまうと

争いは絶えません。

親であっても友人であっても

貴方の人生を歩んでくれるわけではありません。

貴方の代わりは、どこにもいません。

だから常に自分と向き合ってください。

思うようにいかないことは、生きているなかで

数えきれないほどあるでしょう。

涙することも

怒ることも

時には恨み、憎み

血を見ることもあります。

それでも終わりが来ないなんてことは

決してあり得ません。

これは私の経験上

断言します。

例え

バカと言われようが

蔑まれようが

どんなことがあっても

心を誇り高く持ち続けることが

生き抜く力になると信じてください。

歩んできた足跡を振り返ったとき

笑っていられるのならば

貴方にとって、その事象は

既に過去の出来事です。

多くの幸せと

多くの笑顔が世界に在ることを

私はこの先も願います。

“都大路にすてられし

塵芥の堆の中にも

げに香りたかく

心たのしき

白蓮は生ぜん”

川崎大師京都別院
真言宗智山派笠原寺 恵信尼 拝

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me