*真実がそこにあった*

こんにちは(^^)

古都・京都で霊視鑑定、占いをしています恵信(えしん)です(*^^*)

 

前回の記事。

 

 

ちょっと、モヤモヤしてたんです。

 

 

今の時代を、今の状況を作り出しているのが

 

 

ご先祖様や、過去世にある気がしているのに

 

 

分からなくて…。

 

 

 

 

 

で。

 

 

 

 

 

前回のような記事を投稿しましたら。

 

 

 

 

 

なんと!

 

 

 

 

 

もう!

 

 

 

 

 

わかっちゃいました!笑い泣き早っ!

 

 

 

 

 

タスケテー!って言うと、いつも周りの優しい皆様が助けてくださるので

 

 

本当に、頭があがりませんm(_ _)m ありがとうございます。

 

 

 

 

 

それで、事の経緯を詳しくお話ししましたら

 

 

とにかく長いんですが

 

 

ご先祖様がわかったことで、自分が嬉しいので勝手に綴ります(笑)

 

 

 

 

 

今月。4月某日。某所にて。

 

 

 

 

 

○○天王から意地悪をされた私…。

↑天皇さんは1200年ほど前の人。当然お亡くなりになってます。が、魂がまだ生きていらっしゃいます。

 

 

意地悪の理由が、この○○天王さんが嫌いな皇族の姫様と

 

 

同じ力を私が使うから。

↑この姫様の力が私の霊力の源流。

 

 

 

 

 

○○天王さんが嫌いな皇族の姫様と

 

 

同じ力を使う私のルーツは、どこにあるんだろう…と。

 

 

 

 

 

自分の曾祖父母以前の出自が全く不明な私なので

 

 

どう調べようか困っていたら

 

 

「過去世のリーディング」をしてくださると、Facebookからご連絡をいただきましたおねがい

過去世は大体、御先祖様に繋がります。

 

 

 

 

 

4月25日(火)の10時にお会いして、リーディングを開始♪

 

 

 

 

 

そこで分かったのは

 

 

やはり私に強く作用している御先祖様が2人居て

 

 

そのうちの1人は、私の前世でもあるということ。

※鞍馬寺の前世より、強く関与しています。

 

 

 

まず、わかったのは父方の祖父。

 

 

こちらの御先祖様は武士でした。

 

 

この御先祖様は、以前から私の左目に降りてきます。

 

私が左目を髪の毛で隠している理由の1つでもありまして

 

かなりキツい眼です。

 

 

 

 

 

そして驚いたのが、母方の祖父のご先祖様…。

 

 

 

 

 

実は四柱推命でも、私の命式には母方の祖父が出ていますし

 

 

今まで出会った霊能力者の先生方にも

 

 

「母方のおじい様の御先祖様がついてるね」と

 

 

何度も言われていました。

 

 

 

 

 

母方の祖父の御先祖様を遡ってもらって分かったことは、以下の通りでした…。

 

 

・私の前世だった。

・400年前に生きていた。時代は安土桃山~江戸初期。

・尼僧で京都に住んでいた。入信した場所は「光照院門跡」

・13歳で亡くなっている。

・泉涌寺に縁がある。

 

 

 

 

 

この情報を元に、リーディングの現場でも、自宅に帰ってからも、情報を漁りまくりました(笑)

 

 

まずはキーワードの

尼僧で京都に住んでいた。入信した場所は「光照院門跡」

 

 

「光照院門跡」・・・通称「常盤御所」京都市内の真ん中辺りです。

門跡とは皇族・公家が住職を務める特定の寺院、あるいはその住職のことです。

 

 

この時点で私の前世は、皇族か公家のどちらかに特定されました。

詳しい情報を見てみると

 

1356年(延文元)、後伏見天皇の皇女・進子内親王が22歳の時に泉涌寺の無人如導によってご落飾、おん名を自本覚公と改められ、同年室町一条北の地に一宇を興して寺号を光照院と定められた。

律を基本に天台・真言・禅・浄土の奥義を究められ、光照院は四宗兼学の寺院となり明治五年までは禅宗であった。

 

応仁の乱の後、1477年後土御門天皇から持明院殿跡に寺地を賜わり、それが現在の光照院の地である。

この持明院殿は、御父後伏見天皇が崩御せられ、御開山の宮が生誕せられた仙洞御所でもあった。

代々皇女が入寺された尼門跡寺院で、江戸時代には光格天皇より常磐御所の称号を賜った。

 

という記録が残っています。

 

 

これで皇族ということが確定しました。

 

 

 

 

 

次に13歳で亡くなっている。

 

 

これは決定的でした。

 

私は、13歳で体の成長が止まりました。

 

 

13歳当時から身長と体重に変化がなく(妊娠時は当然除く)

 

女性らしい体のラインも作られないまま、止まっています。

 

実は顔も、ほぼ変化がありません。

 

 

 

 

 

以上の2点を踏まえて、1600年前後に存命された

 

持明院筋の皇族の系図を遡りました。

 

 

 

 

 

長時間かけて調べた結果。

 

 

浮かび上がったのは「後陽成天皇(1571年-1617年)」

 

 

泉涌寺には、この後陽成天皇の肖像画の掛け軸があり

 

 

昨年、私も泉涌寺に足を運んでいます。

 

 

 

 

この後陽成天皇には、13人の皇子と12人の皇女がいました。

 

 

私の前世が光照院門跡の尼僧であったことから

 

12人の皇女全ての没年と光照院への入信記録を探します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中に、いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人。

 

 

 

 

第5皇女の「尊英女王(1598年~1611年)」と

 

 

第12皇女の「尊蓮女王(1614年~1627年)」

 

 

どちらも光照院に入信して、幼少で得度。

 

 

13歳で亡くなっています。

 

 

 

 

 

そこでペンデュラムに聞きました。

 

 

 

 

 

返って来たのは「尊蓮女王」

 

 

 

 

 

この尊蓮女王が、私の過去世であり、御先祖様にもなります。

 

 

 

 

 

本当に?って思うかもしれません…。

 

 

 

 

実は続きがありまして

 

 

 

 

 

尊蓮女王は第12皇女で末っ子でした。

 

私も今世で末っ子です。

 

 

さらに、皇女であればそれほど金品に不自由はなかったと思います。(入信するまでは)

 

私は、父も母方の祖父も、とても貧しい思いをして来た人だったので、とてもよく働く2人でした。

 

そのため、私も不自由はなく、箱入り並みで育てられました。

金銭感覚を、どなたかにお話ししてたら

「大分一般とはズレてる」んだそうです。

…まぁ性格は、大分お口が悪く自由奔放ですが(笑)

 

 

 

 

 

さらにFacebookでもお友達のY.Tさん。霊感が強い人です。

 

 

3月に初めて、Y.Tさんにお会いしたんですが

 

 

「姫様。記憶はないのか?」と言われまして

 

その時の私は「??」状態。

 

 

続けて「姫さんは笛を吹いてた」って言われたんです。

 

 

私ね、今世でジュニアオーケストラに入って、フルート吹いてたんですよ。

 

9歳から耳が悪くなる15歳まで。

 

 

フルートを始める時に、指揮の先生から

 

フルート、クラリネット、トランペットを並べられてどれがいい?て聞かれたのに、フルートにしか目がいかなかったんです。

 

フルートのルーツって、日本の雅楽で使う「龍笛」なんです。

 

ちなみに幼少から龍笛がメチャクチャ好き♡

 

 

 

 

 

でもこれで、色んなことが繋がってきました。

 

 

 

 

 

今月。4月某日。某所にて。

○○天王から意地悪をされた私…。

 

 

皇族の血が入ってたから○○天王さんが嫌いな皇族の姫様と同じ力を使うことができた。

 

 

年を取らない、尼僧になった今世の私。

 

 

 

 

 

今世の私は、13歳で亡くなった姫さんの続きをするために

 

 

生まれてきたそうです。

 

 

 

 

 

このお仕事も、死ぬまで続けるんだとか( ̄ー ̄;

 

 

 

 

 

やはり自分以外のかたに視てもらうのが1番正確ですねキラキラ

 

 

 

 

 

初対面で私を「姫様」と呼んだY.Tさんと連絡を取り

 

 

詳しく聞くと、彼は当時の記憶を断片的に持っていて

 

 

姫さん時代の私と、共に過ごしたことのある武士でした。

 

 

 

 

 

彼の御先祖様も遡っていくと、後陽成天皇に繋がることが判明。

 

 

 

 

今年は「尊蓮女王」のお墓に行けたらいいなぁと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは、更にあるんですが、そこは秘密ということで…ウインク

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me