不思議体験シリーズ2 京都編11

還ってきました!不思議体験シリーズ!!

2016年から現在まで。

不思議体験やいかに!
前回のお話はこちら

優琉のブログはこちら

*****

 

2016年10月~11月。
10月は女性のクライアント様(Aさん)から受けた相談が、私の手には負えず
元師匠 Rさんを紹介しました。

 

11月はKさんというFacebookで
お友達になっている女性と、頻繁にコンタクトを取るようになり
元師匠Rさんのことも紹介しました。

 

しかし、このどちらもが、いけなかった。

 

12月だったでしょうか…。

 

今度は先述した女性2人ではなく、別のFacebookのお友達(Bさん)から
元師匠に関する、相談を受けました。

聞くところによるとRさんは、ダークサイドに引きずられていっているようでした。

この“ダークサイド”の意味合いは、人によって様々ですが
私の場合だと“闇に呑まれた人”を指します。

怒りや、憎しみ、哀しみが募り募って邪心(邪神)にまみれ
魔界・地獄などの力を借りる人。

ただ、ダークサイドに引きずられている人は
自らが闇に堕ちていっていることに、気が付きません。

 

私もRさんとは比較的多く連絡を取っていましたが
あまり不審点には気がつかず
今思えばRさんの人格が変わっていることもあったのでしょう。

 

とにかくそんな中でBさんには
「Rさんには、関わらず彼を突っぱねたほうが良い」と伝え
ひと悶着あったものの、それほど大事にはならずにすみました。

 

 

12月下旬の事です。
花屋の年末年始の商戦に追われ、鑑定は一時休業。

Bさんから相談を受けていたこともあり
私自身もRさんとは距離を少しずつ取りながらも彼の様子を伺い

それでもまだ、Rさんはホワイトサイドだと信じたい私が居ました。

 

 

疲れ切った日の夜にRさんから電話がかかってきました。
様子見も兼ねて、その電話をとると

電話の向こうのRさんは、いつもと変わらない様子でしたし
仕事で忙しい私の事を心配して、エネルギーを送ります。と言ったんです。

それが、まさかエネルギーという可愛いものではなく
あんな大変なものだったとは…。

 

 

年が明け迎えた2017年1月。
12月の上旬には、職場に短期スタッフさんが入ったため
なんとか商戦を終えることができました。

 

疲労困憊。

 

1日15時間近くの労働で2週間。
休みなく働いた身体は悲鳴をあげていました。

 

三が日が過ぎ、漸く連休を貰った日。

 

恵信
(しんどいなぁ。さすがに身体がもたへんし、重い。
早く整体にも行かないと、足がまた死んでしまう)

 

ベッドで横になり、ボーっと考えていた時でした

 

~~♪

 

それはメッセンジャーに、メッセージが入った着信音。

 

Rさんからでした。

 

 

メッセージには、こう書いてありました。

「恵信さん、年末に僕が送った式神を感知することは、できましたか?」

メッセージを読んだ私は呆然としました。

 

恵信
(式神?どういうことや?年末にはエネルギー送るって言うてただけやないの)

 

疲れた(憑かれた)身体に鞭を打ち、Rさんの送ったという式神を探しました。
※もちろん霊視です。正確には神通力を使える5次元まで周波数を上げていますが
わかりやすく霊視と言っています。

 

恵信
(…見つけた!赤い稲妻)

 

すぐさまメッセージを送りました。

「赤い稲妻ですか?」

すると直ぐに返信がきました。

 

Rさん
「そうです。それをもっと感じ取れるようにしてください」

恵信
「もう年末商戦も終わりましたから、取ってもらえませんか?」

 

更にメッセージを送り返しての、Rさんからの返事は

「わかりました」

そう…

 

その時は言ったんです。

 

 

時間は約2週間が過ぎ、1月22日の退職日。

 

 

お客様や、モール関係者の方々から
「どこか近所で店やらないの?」
「貴女は善い花屋さんだったわ」

たくさんの声と、退職祝いの品々をいただき
10年の花屋人生に幕を降ろしました。

 

翌23日。
午前中から鑑定の予約があり、京都駅付近のカフェへと向かいました。
クライアント様は、まさかのRさんからの紹介!

でも、とても素敵な方で、今も仲良くして頂いています。

 

そのクライアント様と、カフェ店内で挨拶を済ませ、椅子に座り
浄化と護りを兼ねた“ドラゴンのネックレス”を首から下げようと

ネックレスを入れている、袋の口を開けた途端。

水晶だけが掌に転がり落ちてきました。

 

ドラゴンの先端にある水晶が、根元から折れていたんです。

 

恵信
(嘘やろ!?この子が折れるなんて!)

 

そう思うものの、クライアント様の前ですし
ひとまずドラゴンのネックレスを袋にしまい
代わりにセレスタイトのネックレスを取り出し鑑定を行いました。

IMG_20161106_232622933.jpg

鑑定は無事に終わり帰宅。

 

自室に入るなり、ベッドに倒れ込みました。

 

恵信
(あかん……身体が重たい。起きられへん。
ドラゴンのネックレスも壊れた。あの子の中には、正真正銘のドラゴンと
宇宙の狐が入ってた…それやのに………私、霊力が弱まってる…?)

 

冷静に考えるも、瞬間に意識は途切れ、目を覚ましたのは数時間後の21時頃。

 

 

それも束の間。

 

 

30分と経たぬうちに、再び意識は無くなり
次に目を覚ましたのは、翌日の夕方で
実に17時間もの間、眠り続けていたんです。

 

母は、花屋の時の疲れと鑑定の疲れが一気に出たんだ。
そんな風に思っていたと言います…。

 

→続く!

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me