*しなる枝を推奨*

『真の強さとは…?』

古都・京都で占いをしています恵信(えしん)です(*^^*)

冒頭の『真の強さとは…?』

ずいぶんと昔から、答えは明確に出ていますが(恵信の中で)

クライアント様からは、ご質問をいただく内容であったりします。

ですので、届く人に届いてくれたら、いいなぁ~くらいな感じで書いてみます^^

『強さ』

この一言であっても、2つの強さがあるという風に、世界を見ています。

そもそも、強さって“意志”のことを指します。

意志が強いとか、弱いとか。

1つは、太くて樹の幹のような一本気(一本樹)、何人にも傷つけられぬような、意志の強さ。

もう1つは、細くてしなる枝のような、けれども中々折れず、葉をたくさんつけるような、意志の強さ。

これは、どちらも正解で、人に当てはめることができます。

太くて木の幹のような一本気は「男性」

細くてしなる枝のようで折れないのは「女性」

どちらもメリットとデメリットがあります。

男性のような一本気は土台になり、頑丈なところ。

裏を返せば、頑丈は融通が利かない(加工できない)
そして急所(1か所)を傷つけられ続けると折れてしまう。

女性のような、細くしなやかな枝(枝木)は、たくさんの葉をつけ光合成を行い、その先で子孫繁栄をするところ。

裏を返せば、葉が無くなれば、枝がむき出しになるので、折られやすい。

私個人の意見としては、どっちでも良い(笑)

だって、それぞれに

メリット
デメリット

ありますから。

細枝は、太い木の幹が無ければ、枝として子孫繁栄をもたらすことはできず

木の幹は、細枝が無ければ、子孫繁栄をもたらすことができない。

つまりは、共に在るから、未来が在るんです。

この考え方に当てはめたとき

貴方の思考がどちらか一方に偏っていると

繁栄は難しいです。

最終的に、強さが何かと問われれば…

折れなければ強いんです。

けれど、折れなさすぎると、扱いにくいので

個人的には、細枝を推奨しますけどね。

攻撃をしかけられても、柔らかく、しなり(柔軟性)攻撃をかわし
芯はシッカリあるので

生き延びやすく

なにより扱いやすい!

人の心も、そう在ると

緑が茂るように人々との交流が増え発展していきます。

これからは女性性の時代が来ます。

弥勒の世であり、柔軟性と調和が、成果を出します。

弥勒は、統合。

性別も、年齢も、国境も超えて、1つになる世界です。

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me