*心の奥底にある本音*

普段ブログでもFBでも、ここまで本心を語ることは無いんですが

珍しく心の奥底にある本音を書き起こしてみます。
自分の整理を兼ねて、届く人に届けばいいなと。

このお仕事を始めて数回、本気で辞めてしまいたいと思うことがありました。

理由は簡単で

この仕事を好きで始めたわけではないから。

元々は、お花が好きで

17歳から、今年の1月までの約12年
(2年は育児で離れてたので実質10年)

ずっと、花屋勤めでした。

一生、花屋でいると思っていたし

体はボロボロだったけれど

30歳までにはオーナーとして、スタッフさんを雇って店を持つつもりでいた。

だけど、私が勤めるお花屋さんは

赤字でもないのに潰れてしまうか

否応なしに、退職しなくてはいけないか

そのどちらかだった。

数にして5社は変わってる。

まるで自分が疫病神のように感じられた。

子供の頃から、植物や石
すなわちガイアと呼ばれる者たちと話をするのが普通で

普通過ぎて

そのかわりに、人が大嫌いだった。

今は、好きですけどね。

花屋で最後に勤めた所は

勤続年数が2年半。

辞める1年前から2足の草鞋で

占いとカウンセリングの仕事を始めた。
そして徐々に霊能力者。

別に、花屋だけでも生活は出来ていたし

不自由があった訳じゃなかった。

でも何故か、勤め先のお店が潰れるんじゃないかと

変な予感があったのと

この頃から、神社に参拝して御神籤を引く度に

『神にすがれ』
『神に頼れ』
『神に仕えよ』

そんな内容の、御神籤ばかりしか引かなくなっていた。

薄々感じていた、今の仕事を

1つの役割として

勤めなくてはならない時が来たのかと

半ば諦めと、新たな世界が待っている気持ちとが

7:3

くらいの割合だった。

超がつくほどの現実主義者が

何故

スピリチュアルな世界に、足を入れなければならないのかと…。

どうやったら楽しめるのかと…。

なんとか楽しめる方法を、探すしかなかったようにも思う。

少し話は反れるけれど

人の心を観る

というのは、楽なことじゃない。

ギスギス、ガチャガチャ騒がしい気持ちから

ワクワク、キラキラした嬉々とした気持ちまで

総てを、つぶさに拾っていくからだ。

それも生きてる人から、亡くなってる人まで…。

人は不思議なもので

根底には、ちゃんと愛があるのに

そこに気がつかず、様々な感情から

様々な事象を造り上げる。

多くの悩みは

「~のせいで」

「~ができない」

そう嘆くけれど

そう思って自分に禁止しているのは、自分だということに気がつかない。

そして様々な感情を沸き上がらせている。

私にとっては、幸せな悩みごとに感じる。

私には選択権が与えられなかった。

人ではなく、宇宙からの計らいで。
※決して特別扱いしてほしい訳じゃないので間違えないでね。

冒頭にも書いたけれど

この仕事を始めて、私は何度も辞めたいと思った。

違う人生を歩めないのかと

何度もオラクルカードに

「霊能力者を辞めた先」と
「霊能力者を続けた先」の

結果を訪ねた。

過去にも、何度も行動で抗った。

だけど結果はいつも同じ。

「霊能力者を続けた先」は大成する。

「霊能力者を辞めた先」は

また、霊能力者の道へ戻される。

この道以外は、許されない。

「神に仕えよ」と
「祈りを捧げよ」と

カードも、天からの声も、ご神木からも

何度も何度も、そう説かれる。

どうしてだろうか。

人は神職に就く者を崇める傾向にある。

不思議な目に見えない力を持つ者を崇める傾向にある。

私は、そんな人生は望んでいない。

普通に、ただ一人の人間として生きている。

それが、何よりの幸せ。

平凡な生活が1番難しくて

1番幸せなんだ。

やりたいことや、好きなことがあるなら

自分で自分に禁止なんかしてないで

言い訳なんかしてないで

行動に移せば良い。

貴方は、天から禁止されてる訳じゃないんだから。

幸せになる覚悟ができれば、それでいいと思う。

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me