不思議体験シリーズ2 京都編17

還ってきました!不思議体験シリーズ!!

2016年から現在まで。

不思議体験やいかに!
前回のお話はこちら

優琉のブログはこちら

*****

 

元パートナー(以下、W氏)の言う『姫』の存在が気になっていました。

W氏は、初対面の時に
「姫さん、記憶ないんか…?」
と言い、その後も
メッセージの中で毎日、私を姫さんと呼び

「ほんまに記憶ないんか?」
と念押しで訊いてきたのです。

この頃は、W氏が本当に霊感を持っているのかを、まだまだ疑っていたので
(↑霊視すればわかりますが、勝手に霊視はしません、かといって疑ってますとも言えず)

ふざけているのか本気なのか
その『姫』とやらの存在を、確かめる方法はないのか、考えていました。

 

 

2017年4月25日。
W氏の霊感と姫さん発言が、確信に換わる出来事がありました。

この日は、知人を通して紹介いただいた
四柱推命の先生に、鑑定していただけることになり
なんと過去生リーディングまでも、執り行ってくださいました。

場所はまさかの、鞍馬寺の階段下にある、飲食店で
つくづく、鞍馬寺にご縁があるなと、感じた日。

 

先生と鞍馬寺のお詣りをしたのち

お昼御飯を食べましょう♪と
飲食店に入りました。

 

いろんなことを、お話しさせていただきながら、食事を摂り
食後にコーヒーを飲みながら
過去生リーディングを開始してくださいました。
(方法は企業機密ですが、可能な範囲で描きます)

先生は私の過去生にコンタクトをとってくださり
そこから、過去生に質問を開始。

・生きていた年代。
・生まれた場所。
・過ごした場所。
・年齢と性別。

これらを訊ねました。

 

返ってきた答えは

・1600年代に生きていた。
・生まれた場所は京都。
・過ごした場所はお寺。
・年齢は10代前半、性別は女。

『お寺』というワードが気になったので、更に細かく訊いていきました。

 

先生
「お寺と女ってことは、尼さんだった…?」

恵信の過去生
『はい』

先生
「京都で尼寺だと、場所は……恵信さん、尼寺の場所わかりますか?」

 

突然きかれ、慌ててスマホで現存する京都市内の尼寺の名前を、順に挙げていったんです。
いくつか名前を挙げ

 

恵信
「えっと…光照院…門、跡?」

恵信の過去生
『はい』

 

先生だけでなく、私にも分かるほどの大きな反応が感じられました。

 

恵信
「こうしょう、いん…?」

先生
「恵信さん、門跡っていったら、スゴイところですよ。
お寺の外壁に入ってる5本線が、門跡の証です。
…天皇家ですよ!」

 

門跡と聞いて、私の頭の中は、混乱して真っ白状態でした。

何せ現世では、あまり善い環境の生まれではなく
それどころか悪環境の中で育ち
両親両家とも、祖父母より先代は詳細が不明。

 

自分の名字も、母方ではあるけれど
誰からの血縁で名乗っている名字か、知らないほどで

まさか天皇家が出てくるとは思いもよりませんでした。

 

しかし頭が真っ白になったのも一瞬で
光照院門跡に関するホームページを、すぐに開いてみました。

そのホームページの記述には

・1359年建立。
・別名は、常磐御所。
・天台、禅、律、浄土の4宗兼学であったが、1873年に浄土宗に改められた。
・1601年より、後陽成天皇皇女が入寺以来、比丘尼(びくに)御所となる。
・華道常磐未生流の家元。

とありました。
生花店に勤務していた頃、常磐未生流を、学ぼうと考えたことがあります。

 

恵信
「天皇家…1601年、尼寺。。。」

 

ポツリポツリ、呟くのがやっとで
呆然としていたところで、大先生が話始めてくださいました。

 

先生
「やっぱり恵信さんの過去生は、高貴なところの お生まれでお姫様やったんですねぇ」

恵信
「でも私、今は良家のお嬢さんでも無いです…」

先生
「今生では、普通のお家の生まれかもしれないけど、佇まいを見てたら、良いところのお嬢さんですよ」

恵信
「そう、なんでしょうか…。
過去生が天皇家の御姫さんで…それに10代前半…。
W氏は私を初めて見たとき、姫さんって言うたんです。
姫さんが、かぶって見えたって」

先生
「そしたらWさんが、正解やね。スゴイやないですか」

恵信
「W氏の言うこと本当やったんですね。霊感あるのも本当やったんや。
先生…私、体の成長が13歳で止まったんです。
今この年齢になるまでの15年ほど
身長、体重、顔も当時のままで、何も変わらないんです」

先生
「その13歳で亡くなってるから、変わらないんでしょうね…。
恵信さん、その御姫様の続きを、今生で、してはるんと違いますか?
だって、今も尼さんでしょう?
成し遂げられなかった想いを、今生で果たすために
生まれ変わらはったんですよ。私、そう思います」

恵信
「続き……初めて尼さんになりたいって
漠然と考えてたのも13歳~15歳の間でした。
続きって、過去生の私は、何をしたかったんやろう」

先生
「恵信さんやったら、きっとそれも分からはりますよ。
だって霊能力のことも、勉強されたことないんでしょ?
それやのに使ってはるんやから、自然とこの先に分かると思います。
これが、業…因縁ていうものなんでしょうね」

恵信
「はい。能力のことは学んだことは殆んどなくて。体が知ってるので…。
因縁も…子供の頃から
一家を背負って立つと思ってました。
私の代で、全てが終わり、また新しい世代が始まるんだろうなーって。
それができると、自分をずっと信じてきました。
この先どうなるのかな…成るようになるかな」

先生
「恵信さんやったら大丈夫」

 

この日は、ここで過去生リーディングを終了。

 

実はこの日、先生は私にあることを施すのを忘れていらっしゃいましたが
これが、後々の出来事に繋がるのです。

 

そして、リーディングのあとは、先生がご覧になりたいと仰られていた
私の持っている草場一壽さんのオラクルカード
「観音力」を手渡し、観ていただきました。

 

観音力カードが、私の手元に来るまでにも一波乱ありましたが
このカードで繋がるご縁が、またスゴいもので、シリーズ18へ続きます。

先生との約束が終わり、お言葉に甘えて自宅まで送っていただきました。

 

その晩

『姫』の存在が、ますます気になり
1600年代に生きていた天皇家の系図をWebで引っ張り、皇女を捜しました。
ところが1600年代の天皇家と一言でいっても、相当な人数です。

困って思い付いのは、見よう見まねで過去生リーディングを自らに行うというもので
思或どおり、リーディングは成功。
過去生にコンタクトを取ることができました。

 

早速1600年から10年毎に、生きていたかどうかを訊いていきました。

 

恵信
「1600…1610…え!?」

 

1610年かときくと、強く反応がありました。

あまりの反応の早さに信じられず
1620年~1690年も全てききましたが反応はなく
やはり1610年で強い反応が返ってきたのです。

それを頼りに、1610年代に生きていて
尚且つ13歳で亡くなった皇女を捜すと
2人の皇女が浮かび上がりました。(Wikipediaより)

 

第5皇女
『尊英女王(1598年~1611年)』

第12皇女
『尊蓮女王(1614年~1627年)光照院』

 

共に、父が後陽成天皇で
母が、藤原(近衛)前子様
※中和門院。

 

尊英女王に入寺先の記述は無く
尊蓮女王には、光照院との記述がありますが
気が焦っていて、尊蓮女王の「光照院」という記述を見落としていました。
(これを書いているときに、初めて気がついたところです)

13歳で亡くなっているという条件を満たした二人の名前を紙に書き
過去生に訊ねました。

 

恵信
「私の過去生さんは、尊英女王?尊蓮女王?」

 

返事は

『尊蓮女王』

名前が判明したところで、”ほっ”と体の力が抜けました。

先生のリーディングと自らのリーディングにより
『私』を知ることができたことが嬉しくて
安心したのです。

子供の頃から、ずっと、違う誰かが私の中にいる気がして
体に妙な感覚をもって生きていました。
それはこの尊蓮女王だったんだと。

今生で名前に、蓮を入れて欲しかったほどの蓮好きなのも
納得でした。

 

そして私が何故中学生ごろから
「40歳で死ぬの」と言っていたかが分かりました。

尊蓮女王は1614年~1627年を生きています。

人の転生には、通常300年~400年かかるといわれていて
この1614年に400年を足すと、2014年になります。

2013年に北海道から京都市に還されました。
このとき恵信は26歳。

2013年から400年前は1613年で、尊蓮女王がお腹の中にいる時と考えられます。

2014年は恵信27歳。
400年前の尊蓮女王は1歳。

2015年の恵信は28歳。
400年前の尊蓮女王は2歳。

2016年の恵信は29歳。
400年前の尊蓮女王は3歳。

2017年の恵信は30歳。
400年前の尊蓮女王は4歳。

この計算を続けて、尊蓮女王が亡くなった13歳になるとき

私はピッタリ40歳です。
(怖いでしょ?笑)

中学生のころから、知っていた。というより尊蓮女王に言わされていたんだと思います。
私が今こうなることを。
40歳で死ぬつもりは、勿論ありません。

尊蓮女王に関する記述は少ないのですが
院号(戒名)は
受教院 心月尊蓮という、とても綺麗な御名前なんだそうです。

 

あとになって分かったことですが、友人だったKさんも
2月に初めて会ったとき、私に尊蓮女王がかぶって見えていたそうですが
言っていいか分からず、黙っていたんだとか…。

→続く!

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me