*クリスマスと繋がり*

古都・京都で霊視鑑定、占いをしています恵信(えしん)です(*^^*)

 

 

 

 

 

聖なる夜・クリスマス。
イエス・キリストの誕生日。

人によって、捉え方は様々ですが、大切な日に、かわりないと思う。

恋人と一緒だったり
家族と一緒だったり
友人と一緒だったり
同僚と一緒だったり

いつも色んな人に伝えるんですが

今、一緒にいる隣の人を大切にしてほしいなと。

生きていくうえで、必要不可欠で、どれだけ嫌でも切り離せないのが人間関係。

どんなに分かり合えてると思っていても、それは所詮「思い込み」でしかないわけです。

100%同じ人間なんて存在しなくて、100%同じ感情を共有することはできない。

だけど、分かり合えそう。とか
分かりあいたいとか。

そうやって思うから
喧嘩したり
泣いたり
笑ったり
喜んだり

一緒に「共有」しようとするんだよね^^

分かり合えば、分かり合うほど嬉しいものだけど
同時に恐怖も芽生えるわけで

「嫌われたら怖いから言葉にできない」
で結局、口に出さず関係をこじらせたり
「私・俺は、強いからね!」なんて意地張ってみたり

逆に意見が食い違うと、相手に強要するために
「〇〇しろよ!」
「私・俺は、強いからね!アンタが弱いんだよ!」

とか難癖つけてみたりね。

そして1番言うたらマズイのは
「私・俺は、強いからね!」て言葉。
たまに冗談で、私も口にすることはあるけれど
本気で言うことは、まずない。
本心で口にすることは、自分の心に嘘をつくことだと思うので。
これは相手を信用しきれてないからこそ、出てくるんですよね。

相手を信用できないってことは
相手から何か不愉快に感じることをされると
メンタルが打ちのめされて

自分の足で立ち上がれる自信がないから。
自分の芯の強さを信じてないからなんだと思う。

人間って強い生き物でもあるし弱い生き物でもある。

男女という相互関係があるから、役割分担として
男のメンタルを支える女と、女の体を守る男がいる。

”バカにされるんじゃないか”
”相手に見下されてるんじゃないか”
”嫌われるんじゃないか”

そんなことを思いながら、相手に不信感を抱いてると
コミュニケーションが取れなくなってくる。
※生理的に無理とか、気持ち悪いとかは除外ね。

かといって、自信を持ちすぎても過信になる。

相手を「受け容れる」ことは相手に「安心を与える」こと。
相手に「話をする」ことは相手に「知恵を与える」こと。

丁度良い距離感で分かり合えたら
それこそ、儲けもの。

ましてや、相思相愛なら、この上なくその人を大切にしてほしい。

恋人、家族、友人、同僚の誰であってもね。

みな様、素敵なクリスマスを♪

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me