*不思議体験シリーズ2~京都編27~*

還ってきました!不思議体験シリーズ!!

2016年からの現在まで。

不思議体験やいかに!
※前回のお話はこちら

******

2017年7月某日。

 

 

これは貴美子さんと、メッセージのやり取りをしていたときのこと。

 

 

心霊写真の鑑定が苦手だという話になり

 

その他もろもろ、私の力が何処に向いているのかという雑談になりました。

 

 

 

私が私自身を霊視した限りだと、ざっと守護霊様が5人。

 

 

つまり死角になっている部分は、守護霊様で埋め尽くされているということになります。

 

 

恵信

(こんなに、おったんか(*_*)多いやろ、どう考えても)

 

 

よく、守護霊がたくさんいた方がいいと

仰有るかたがいますが

 

守護霊が多くても、何もいいことはありません(笑)

 

 

逆に、何故それだけの数が必要で、後ろに憑いているかを考えてください。

 

 

 

私にとっては大して嬉しいことではなく

個人的な私情が入っての、気のせいかと思い

 

 

貴美子さんに確認をとったのです。

 

 

 

その貴美子さんからの返答も

 

 

「5人」

 

 

恵信

「…そんなに居ると思いませんでした」

 

 

貴美子さん

「私も、姫(尊蓮)+1人くらいかと思ってたからビックリ(^^;  それも強力な守護陣」

 

 

これも全く嬉しいことでは、ないんです。

 

何故、それほどの強力な守護陣なのか。

 

 

考えられる理由は多数。

 

 

・役割が多い。

・仕事内容が大きい案件ばかりだから。

・恵信が危なっかしい。

・恵信に体力が無いため、身体への負担をカバーするため。

・生涯現役であると定められているから、仕事を継続するために必要。

 

 

どれを取っても、メリット、デメリットが見えてきます。

 

 

 

貴美子さんからは

 

心霊写真の鑑定ができないのは

体に負担がかかりすぎるから、守護霊がシャッターを降ろしてブロックしている。

 

 

元々、体力は子供並み。

気力が体力を上回るので、体を無理矢理動かしているのが、普段からの事実。

 

そのため守護霊が、必要以上の負担がかからないようにと、ブロックしてくれているというのです。

 

 

そして、力の方向が何処に向いているのかというのは

貴美子さんにも「見えない」んだそうで

 

ただ感じたのは、私の奥底にある

 

 

“疑心暗鬼”

 

 

これを聞いたときに「当然かな」という言葉が頭に浮かびました。

 

 

 

自分が本当に心の底から望んだ人生を歩いていた訳じゃなかったので

 

常に、能力的なものは消えればいいし

 

 

本当は夢か、思い込みなんじゃないかと願っていました。

つまり能力的なものの、完全なる否定です。

 

 

 

平々凡々に生まれて、ただ愛した人と結婚して

一般的な家庭を築いて。

 

 

それが理想で普通の女として

生きたかっただけなのに

 

全くの逆方向へ進行。

 

 

 

信じるものは救われる。とはよく言いますが

それは4次元的な魂の話ですし

 

信じること。と、思い込みは、紙一重です。

 

 

自分のことを信じるのは良くても、思い込みに変わってしまえば

 

例え、道徳や倫理に反していても気がつかず

お構い無しということに、なってしまいます。

 

 

それで正常な、対人関係は築けません。

 

 

現実主義すぎるため

本人は3次元に留まりたい。

 

 

 

それなのに

 

気持ちと現実が真逆を向いている。

 

 

 

 

 

それをいつも

 

業の深さを断ち切るために

「今の人生を選んで生きている」のが最優先されているだけだから

 

 

1つ1つを、終わらせる度に

幸せな理想に向かってるはずなんだ。

 

 

そう宥めてきていました。

現在も進行形で、それに替わりはありません。

 

 

 

でもそれは私だけに限ったことではなく

生きている人、みんなに言えることだと思います。

 

 

状況が違うだけで、みんな必ず

上手く行かないことがあったり

 

後悔することがあったり

 

何かを背負ってます。

 

 

生きている限り、命そのものが

自分の人生を背負う。

 

ということと、理解すると左程辛くは感じないものです。

 

 

***

 

 

2017年 7月下旬~9月末頃まで。

 

 

 

体力も気力も共に疲弊しきって、部屋で寛いでいた、ある日。

 

 

 

この頃からH氏との価値観のズレが生じ始めました。

 

 

「優等生はいらないんだよ、ダメダメでグダグダがいいんだよ」

 

「恵信がいたら、うちの御先祖様も安泰や」

 

「全然優しくない!尊蓮をどこへやった!?尊蓮を出せ!」

 

 

などと言われることが増え

 

 

そろそろ潮時かな?と思うことばかりの連続でした。

 

 

 

私の力は、仕事で使うというだけで、プライベートなところを

自分の寿命を2倍速で縮めてまで使う気はまったく無く

 

現代に生きているのは、尊蓮ではなく恵信。

 

女にメンツを立ててもらいたいだけの人とは価値観が合いません。

 

 

 

恵信

(時代錯誤もええところやなぁ)

 

 

私が過去生を追っているのは

過去を生きようとしているのではなく

 

力のコントロール方法をより良くするための

ヒントがあるかもしれないと思ってのことだけで

 

間違っても、ロマンスを追ってというものではありません。

 

 

 

恵信

(過去生で許嫁やったってのも、嘘やろし、知ったかぶりが多い。

声の波形は誤魔化し利かんで。

 

とにかく私の力やのに、自分がいかにも何でもできる占師と

勘違いしてる発言も最近多いな。

私が今まで引き下がって、何も知りませんて顔をし過ぎたからか。

あんまり甘やかしすぎるのも、よろしくないな。

 

だいたい、シングルマザーで元旦那から養育費も貰わず

オカンと息子を一人で養ってんのに、ダメダメがいいって…

どう頑張っても、ダメダメな女には、ならんやろ。

 

女にプライド立ててもらわな立ってられんのやったら

そのくだらねぇプライドを最初から出してくんな。

 

腐った女みたいな男。

…女々しいって言葉は男のためにあるんやったっけ…)

 

 

内心、滅多打ちに思っていながらも、声には出さず

静かにフェードアウトするのが私のお決まりです。

 

 

 

恵信

(つまらん奴を相手にするほど暇じゃない…。

この人には、この人に相応しい人が他に出てくるやろ)

 

 

これまでにも、同じタイプの男性が目の前に現れることが多かったので

 

何か意味があるのかと、オラクルカードを引いて

確認してみることにしました。

 

 

△愛語

『偽りがないところに真実があるとは限りません。

でも偽りのあるところには真実はありません。

誰に向ける顔でもなく、天に向ける顔です。

天に向ける顔で、語ってください』

祈りも思いも言葉です。

世界を善循環に導くためにも

いつも明るい前向きな言葉を使いましょう。

 

 

△普賢菩薩

『思い出してください。約束したことを。

すでにそれは宇宙に記されています。

果たせても、果たせなくても、思い出してください。

それがあなたの生きる力となります』

今まさに紐解かれている聖典には

あなたの全てが記されています。

 

 

△天奏楽 花びら

『心から楽しみ、生きてあることを心から喜ぶ。

朗らかに、のびやかに、いのちの情熱が向かう方向へと。

それこそを実在と言いましょう。“わたし”と言いましょう』

あなたという菩薩が誕生したことを天界では喜んでいます。

あなたは、すべてを超えてきました。あらゆるものを糧として新しく生れ出たのです。

苦は喜びに変わり、塵は祝福の花となって降り注がれています。

 

 

 

恵信

(うーん…要は愛を語ることで人を育て、笑顔でいなさいと言うことか。

ただ、やり方が間違ってるわけやな。

ほな尚更、別れるのが今の私には最善なわけや。

 

人育てるなら、学校とかの方がエエんちゃうかな。

男は生涯、息子と、もう1人だけでいい)

 

 

実はこの時思った“学校”というのが

数か月後、どんどん形になっていきます。

 

 

***

 

 

また別日には

 

 

些細なことから、身体の奥から再びエネルギーが沸き上がって

身体から湯気が出そうなほど、体温が上がり

 

 

危機を感じた自分を、自分で抱きしめて

フっと両手を見たときでした。

 

 

 

恵信

(手が‥龍に換わってる!?)

 

 

そこには、自分の両手の指先から徐々に、鋭い爪と鱗のある

龍の手に変化していってました。

 

 

 

恵信

(そんなっ!現実的にありえへんやろ!?私の脳がオカシイんか??!)

 

 

視線を手から外して、また手を見る。

 

そんなことを数回、繰り返しましたが、やはり龍の手。

 

 

 

恵信

(お願いっ!元に戻って!龍になりたくない!

人間の手、返して!!)

 

 

フーッ、フーッと獣のような息遣いで、それも納めようと

数分の間、ただただジッと抱きしめていました。

 

 

恵信

(大丈夫…大丈夫。ちゃんと戻る。はず)

 

 

次に手を見たときには、人の手に戻っていました。

この時は、大きくハァーっと息を吐いて、ホッとしたものです。

 

 

 

恵信

(オラクルカードの意味や、他のことを踏まえても、1人でいた方がエエな…。

やっぱり興味が湧かない相手と恋愛をしようってのが無理なんや。

それが苦痛で気が乱れる)

 

 

15年もの間、1人の人を想い続けてる私としては

違う誰かと恋愛や結婚を、しようというのが無謀なのもので

※誰かと交際の時は、これ必ず言うてます。

 

 

最終的には、喧嘩が絶えず9月末には

神様と結婚という形を選び、生涯独身宣言を

ブログでもすることとなりました。

 

 

すると面白ことに、独身宣言をする数日前から

停滞していたエネルギーが、スムーズになり

 

お仕事の依頼が一気に増え

 

 

2018年に続く、新たなご縁が増え始めたのです。

恵信
「よっしゃー!!清々した!」
貰ったものは翌日に全て焼却。
女って怖いですよね(笑)

 

 

→続く!

 

 

乙女のトキメキお知らせ乙女のトキメキ

1月28日(日)には、今年最初のスタートである奉納式が執り行われます。

龍笛奏者として神事に参列いたします。

 

 

観覧者応募の、申し込みフォームもございますので

ぜひリンク先をご一読くださいませ。

※観覧無料。間近で観覧するためにはお申し込みが必須となります。

申し込み期間を20日0:00まで延長しました。

 

 

【絵画奉納式~天地流水~】

 

2018年1月28日(日) 丹生川上神社中社

https://www.facebook.com/events/2001624283456507/

 

 

【天地流水 公式サイト】

https://tenchiryuusui.themedia.jp

 

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me