*いざなう、いざよ*

古都・京都で霊視鑑定、占いをしています恵信(えしん)です(*^^*) 
スーパー・ブルー・ブラッドムーン満月
英メディアでは、約150年ぶりということで騒がれ
日本でも、かなりの話題にキラキラ
この時間になって、上(天上界)から
言霊が降りてきていますので
私の言葉と、カードと上からの言霊を交えて
φ(..)カキカキします。
今回の満月。
『蓮華』そのもの。
満潮、満願、結願の象徴である
蓮華が綺麗に華開いています。
△天奏楽 花びら
△水の菩薩
△弥勒菩薩
今宵、蓮華が月と重なる。
幾重の花びらが
はらりはらりと、華開く。
蓮月より心海潜りて、歓び包めば
己が導(みち)辿る光に、照らされん。
底(其処)に足るは大慈悲なりて
ただ夢うつつに、鏡に映える。
鏡重なりて、観てる己が姿を
また己が観る。
鏡映る、姿観たりて(姿観足りて)
向かう蛹(さなぎ)に
無限の万物宿られたし。
言葉が難しくて、私にはこれで文章に成ってるのか謎ですが
こんな感じのことを
上は仰ってます真顔
意味(肉付けしての訳)
重なった蓮華と月は、誰の心にもあり
心の深い海の部分に潜り
自らが歓びとする『物、出来事、人』を大切に包み込めば
この先に歩んでいく道を辿れるよう
光が照らす。

心の海で、歓びを包み込めば

その海の底(其処)は、大慈悲に変わり
貴方に幸せをもたらして
夢か現かわからない狭間で、ただ自分の姿を鏡に映し出すことになる。
自分が映る鏡は、何重にも合わせ鏡となり
総ての鏡に姿が写し出される。
どれが本当の自分か、時に分からなくなるが
本体はただ、その合わせ鏡に映る自分を観ているだけ。
更に魂は、自分を観てる『自分』を更に斜め上から観ている。
斜め上から観ることに満足したとき
合わせ鏡の中心に、蛹のように
小さく丸くなっている、何の世界も知らない
純粋な自分がいることに気がつく。
その中心の蛹にこそ
無限の万物が宿るもの。
!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me