*不思議体験シリーズ2~京都編30~*

還ってきました!不思議体験シリーズ!!

2016年からの現在まで。

不思議体験やいかに!
※前回のお話はこちら

******
 

2017年 11月18日

 

伊勢神宮参拝。

 

 

 

 

 

午前3時。

 

 

たとえ前夜にお風呂に入っていても

 

重要な日には、全てを洗い流してから赴くので

禊を兼ねて、お風呂に入るため、出かける3~4時間前には起床します。

 

 

 

カーテンの隙間から外を覗くと霧雨。

 

 

 

恵信

(やっぱりか。私は完全に雨女やな。

時期、強い雨に変わって、お伊勢さんも御神氣に満ちるやろ)

 

 

晴れてたら一緒に行くか?と尋ねたところ

 

雨の日でも、一緒に行くと答えた息子を

5時前にお越し

 

仕度を調えて、6時に自宅を出発。

 

 

 

 

 

京都駅から近鉄線を乗り継いで、伊勢駅に到着です。

 

 

駅の改札を抜けると、凍てつく寒さと

雨空が拡がっていました。

 

 

 

恵信

「うわ~、息子くん。こりゃー、どしゃ降りやで。

家に居させてあげたほうが、よかったなぁ。11月やのに、えらい寒い」

 

 

そういうと、息子も「うん。家にいた方がよかった。寒い」と手をすり合わせていました。

 

 

 

恵信

「(来てしまったものは仕方ない。とはいえ、この気温で

この子をつれて、全部のお宮を廻るのは難しいな)

 

…息子くん。早めに歩いて、外宮と内宮だけ行くぞ」

 

 

傘を差し、息子の手を引きながら、足早に歩き

数分で外宮の鳥居が見えたとき

 

御神氣の強さを体感したのです。

 

 

 

恵信

「やっぱり、今日は浄化の雨やな。

…息子くん、保育園の年齢の時にも来てるけど、覚えてるか?」

 

 

息子

「んーん。覚えてない」

 

 

恵信

「ほーか。神さん、いはるん(=いらっしゃる)分かるか?」

 

 

息子

「え?わかんない」

 

 

恵信

「ほーか。分からんなら、それでいい」

 

 

息子に跡を継いで欲しいとは思っていないし、寧ろ継いで欲しくないので

何も知らない、分からないでいいと思っています。

 

 

雨でも、すごい人の数で溢れている外宮の

全てのお宮を廻ってみましたが

 

ひどく静かで、御神氣だけが満ちていることに、やや違和感を覚えていました。

 

 

 

恵信

(おかしい。いつもなら呼びかけに、応えてくださるのに。

やっぱり1人じゃなかったから、ダメなんかな…?)

 

 

息子に対し、バスに乗って内宮へ向かおうと告げ

2人掛けの椅子に座って出発。

 

 

 

 

 

乗車している最中も、雨足が弱まることはなく

激しく降り続いていました。

 

 

 

 

 

内宮前で下車して、時間も早いけれど昼食とるために

息子の希望を聴いて、おかげ横丁の、ラーメンも扱っているカフェに入店。

 

 

 

11時過ぎだったため、私たち以外にお客さんは居らず

お店の最奥のテーブルで、ゆっくりと寛ぐことが出来ました。

 

 

 

 

 

塩ラーメンを注文していた息子くん。

 

 

ちゅるちゅると音を立てて、とても美味しそうに食してご満悦^^

 

かくいう私は醤油ラーメンで

ズルズルと音を立てて美味しくいただきました。

 

 

 

ラーメンを食べた後、身体を温めた方が良さそうだったので

柚子茶もいただきました。

 

 

次第に店内が賑やかになり、移動しようかと外に目を向けると、空模様は小雨に。

風による木々の揺れも、弱まってきている状態。

 

 

 

恵信

(この風の吹き方と雲の流れの速さ。15分もすれば、雨も止むな。

10分くらいしたら、店を出よう)

 

 

息子を見やると、頬がピンク色になってきていて

ニコニコと、ご機嫌で身体も温まった様子。

 

時機に雨が止むから「10分後には、お店を出るよ」と説明。

 

 

 

そして説明通り、10分後には大丈夫そうだと判断し

「内宮に行くぞ」と、再び小雨の中に戻りました。

 

 

 

 

 

御手洗橋を渡り、神苑を歩き始めると

推測通り雨が止み、歩きやすい天気へと変わり、有り難かったです。

 

 

 

 

 

例え神社様であっても、人の多い場所では

何が起こるか分からないために

 

警戒心を緩めない私の左後ろを

息子が、ちょこちょこと付いて歩き

 

 

目的である、風日祈宮様のお宮に辿りつきました。

 

 

 

恵信

「息子くん、ちょっと待っててね」

 

 

コクリと1つ頷いてくれたので、ゆっくりお話ししようと思い

邪魔にならないかと、念のため周囲をも見渡すと

私たち親子だけが、ポツンと居る状態。

 

 

恵信

(ちょうどえぇ。ゆっくりできそうや。

…宮さま。宮さまが私をお呼びになられましたか?)

 

 

呼びかけましたが、この日は、お姿さえ見せて下さいません。

 

 

 

恵信

(宮さまー? 今日は応えてくださらないのですね)

 

 

何度呼びかけても、この日は、やはり姿を見せてくださらず

 

やっぱり違ったのかなー?と首をかしげながら

風日祈宮さまのお社が建つ敷地を、息子と共に

のんびりと散策していると

 

 

さわさわと、心地いい風が吹き、辺りが穏やかな空気に包まれたのを感じ取ったので

 

 

 

恵信

(宮さまー。もー!いるんじゃないですかー。

今日は、剣祓いを頂戴しに来ました。宜しくお願いしますね。

あと、寒いので、お伊勢さんに居る間だけでも

できたら風を弱く、小さくしてくださると嬉しいです)

 

 

超ワガママな注文をして、内宮神楽殿へと続く端を渡り、正宮を目指したのですが

なんともアッサリと参拝を終え、いそいそと内宮神楽殿へ。

 

 

息子と、自分の分の御朱印を貰い

目的の“風日祈宮剣祓(かざひのみのみやけんはらい)”を巫女様にお願いするため

順番待ちをしているときでした。

 

 

 

恵信

(風日祈宮剣祓~。風日祈宮~。反復しておかないと言い間違えるわ……って、えぇ!?)

 

 

脳内で反復しながら、右手で髪の毛を、かきあげようとした手に

どうみても『剣』を、握っていることに気が付きました。

 

 

幽遊白書の桑原を思い出すかのような…。

霊気の剣そのまんまのような…。

 

 

 

恵信

(え…?( ̄ー ̄; なんなん?これ。今、渡すもの?これ。うーん)

 

 

考えているうちに、剣はアっという間に消えてしまいました。

 

 

 

恵信

(あれは、私の中にあるもんか?

いきなりすぎて、たまに私の目ん玉か、脳みそがオカシクなったんちゃうかて、思ってしまうわ)

↑超・現実主義者。

 

 

不思議そうな顔で見上げてくる息子に、何でもないよと言うと

ちょうど、授与品を頂戴する順番が廻って来たので

 

 

“風日祈宮剣祓をいただけますか?”と伝えると

 

確認のため巫女様も“風日祈宮剣祓ですね?”と復唱して下さり

丁寧に紙袋に入れて、持たせてくださいました。

 

 

 

 

 

風日祈宮様にお願いしたからか、雨風もないまま

終えることができたため、伊勢駅に着いたときに、空に向かって御礼を申し上げ

 

実は、思っていたほどの手応えがない参拝のまま

この日は自宅へと戻ったのですが

 

 

問題は、帰宅してから起きました。

 

 

 

 

 

京都は雨が降っていたので、ズボンの裾が濡れたりで

先に着替えようと、剣祓いの入った紙袋を、ダイニングテーブルに置いたままにしていたのですが

 

 

紙袋が空っぽだと思った母が、私が見ていない間に紙袋ごと二つ折りに…。

 

 

 

恵信

「お母さん、紙袋の中に、剣祓が入ってるからね…あ゛ぁーーーーー!!!!」

 

 

時すでに遅しで、着替えてダイニングに顔を出したときには

すでに真っ二つ。

 

叫んだ私に、「なに!?」と、驚く母。

 

 

 

恵信

「まじかー(T_T)」

 

紙袋の中を覗いてみても、やはり真っ二つ……(iДi)

 

 

「え!?もしかして、袋の中に入ってたん?ごめんやで!!」そう謝る母。

 

 

 

ですが、よくよく見てみると

 

 

恵信

「ん?多賀宮?……これ、多賀宮剣祓やん!

てことは、お伊勢さんで頂戴した時から、中身も違ってたんやん!!」

 

※豆知識…内宮の授与品は、皇大神宮のお神札と一緒に祀り

外宮の授与品は、豊受大神宮のお神札と一緒に祀ります。

風日祈宮剣祓は、内宮の授与品で、多賀宮剣祓は外宮の授与品です。

 

 

 

確認ミスで間違いは誰にでもあることですし

折られたことには驚きましが、怒ることはありません。

 

 

 

それよりも、巫女様も確認してくださっていたのに

中身が違ったことと、何故、折られることになったのか。

 

 

そこに何か意味があるのでは?と考えます。

 

 

 

恵信

(んー。やっぱり、剣祓を頂戴する前に、手に剣を握ってたし

これは、必要ないってことやろか…。

それプラス、やっぱり独りで、参拝に来なさいってことやろか…。

剣祓、どないしょ…(;´Д`))

 

 

最終的には、剣祓は神社に御返しして

年明けに、独りで参拝するということに決めて終わりました。

 

 

2018年2月21日現在では、まだ行けていませんけれどねσ(^_^;)

 

 

→続く!

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me