*岡山 1日目~吉備津彦神社*

古都・京都で霊視鑑定、占いをしています恵信(えしん)です(*^^*)
 

 

 

 

3月17日(土)と18日(日)は、岡山にお邪魔しておりましたニコ

 

 

私は仕事で、岡山市(吉備)へ。

 

母も行きた~い!と始まったので

母と息子は倉敷市へキラキラ

 

 

お昼過ぎに京都駅から高速バスに乗って出発キラキラ

岡山市へは、片道3時間半ほどの道のりですニコ

 

 

 

 

 

岡山駅西口からは、更に移動して

岡山国際ホテルに宿泊していましたドキドキ

 

 

2018年3月下旬現在なら、改装前のお部屋が格安で抑えられますお願い

 

 

△ラウンジの窓際席からテラスを写す。

 

 

 

 

△ハヤシライス

 

 

△ホットレモンティー

 

 

素泊まりだったので、ラウンジでハヤシライスの、お肉抜きを

美味しくいただきましたドキドキ絶品です照れ

 

 

食後は紅茶をお願いしていましたが

ストールを持って歩いていたので

何も言わずとも、ホットで出してくださる心遣いが嬉しかったですラブ

 

 

 

 

 

翌日に備えてボーっと、息抜きしながらも

部屋に戻ると、親友と約4時間の長電話笑い泣き

 

 

仕事という頭があるため、ピリピリしながらの長電話で

早朝4時起きなのに、結局夜更かししてしまいましたあせる

 

 

「恵信は、性格=人生が280度のヘアピンカーブ」という

的確な名言は忘れないニヤリ

 

 

 

 

 

2日目の午前4時起床。

6時出発。

 

 

1社目「備中国一宮・吉備津彦神社」

別名:朝日の宮

 

御祭神は“大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)”

 

 

 

 

 

 

実はこの吉備津彦神社に来ることになったのには、理由がありました。

 

 

 

3月10日前後。

 

 

 

私の目に

備前焼きの展示会や

備前への旅のポスターが

いやに目に入ってくるという事態が起きていました。

 

 

脳内にも、お上(=神様)から「吉備、吉備。吉備。吉備」

 

煩いほどの指示DASH!

 

 

 

 

 

更に数日後。

 

 

 

 

 

クライアント様との電話セッションが切っ掛けで

岡山市の、とある、お社様に意識を合わせた所

 

 

 

「ここへ参れ」というような事を言われ

 

 

そのクライアント様との電話セッションが終わった数時間後

友人MさんからLINEが届き、開くと

 

 

「恵信さん。吉備津彦神社って何かピンと来るものあります?」

 

 

との内容汗

 

 

友人Mさんの、お仕事関係で、吉備津彦神社に関わる話題が挙がり

3日経っても、「吉備」という文字が頭から離れなかったそうで

 

 

これは「恵信さんに伝えなくちゃならない奴だ!」とLINEしてくださったのだそうです滝汗

※Mさんは、神様から私へのメッセンジャーな役割が多いです。

 

 

クライアント様との話題のお社様と

吉備津彦神社の名前を、紙に書きだして、見比べていると

 

 

 

(ちょいちょい待って汗もしかして、この2つのお社って、場所近くなんちゃう!?)

↑地図は広げていません。

 

 

嫌な予感がして、グ〇グルマップで調べてみると

 

 

やはりお隣と言っていいほどの近距離チーン

 

 

 

思わず

『Mさん。相変わらずピンポイントで、メッセージくれますよね笑い泣き

これ、岡山に行かなアカンやつです笑い泣き

もう、とりあえず行きますにやり

 

 

と返信して岡山行きが決定キラキラ

 

 

 

 

 

今回は吉備津彦神社の御祭神が、不思議と気になり

歴史を色々調べていると

 

 

御祭神の大吉備津彦命=桃太郎のモデルなのですが

桃太郎のお供であった猿に触れる話題を、またまたMさんがLINEで振ってくるのです。

 

 

 

何か関係してるのかなぁ~?と

猿=楽々森彦命(ささもりひこのみこと)を調べると

 

どうやら(義姉=桃太郎の姉)が卑弥呼と推定されていて

娘は桃太郎の奥様(高田姫命)。

 

 

高田姫命が気になり、更に調べを進めると

「鼓神社」に祀られていることが分かり、鼓神社の情報を見ていると

神紋に“舞鶴”と出てきました。

 

 

 

当然。

 

ん?舞鶴?地名の舞鶴じゃなくて?読み方一緒やし…

舞鶴なら、この間仕事で行ったよ~汗

 

 

と、なりまして。

 

まさか、あの時から今まで繋がってるわけじゃないよね…?えーん

 

 

そう疑問が浮かびました。

 

 

 

 

楽々森彦命(ささもりひこのみこと)は桃太郎の命で

吉備国を平定した後は北上し

出雲の地へ赴き、活躍後亡くなっているそうで

 

 

またまた

 

 

昨年末から、出雲ばっかりキーワードの如く耳に入ってくる~えーん

これ、あれやんなぁ、行かなあかんパターンと違うのん?

最近、お墓参りついでに元出雲にも行きたくなってるし…笑い泣き

 

 

 

…恐らく、出雲大社に行くことになる…気がしますあせる

 

 

 

 

 

話を戻します。

 

 

△本殿

 

 

 

 

早朝6時半には吉備津彦神社に到着して

 

朝日の宮と呼ばれるこの神社様で約束通り

光の球体に入っていただいていた、武士御一行様を昇華し

 

天へと還っていただくことにしました。

 

 

 

 

2社目に移動する前に、仕事の案件の一部分を済ませるため

境内をウロウロしつつ、企業秘密的な処理を完了。

 

 

 

わずか30分ほどで、吉備津彦神社から移動を開始しましたニコニコ

 

 

 

 

 

→続く!

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me