*岡山 2日目~最上稲荷*

古都・京都で霊視鑑定、占いをしています恵信(えしん)です(*^^*)
 

 

 

 

3月17日(土)と18日(日)は、岡山にお邪魔しておりましたニコ

 

 

吉備津彦神社から移動を開始して数十分。

 

 

最上稲荷に到着車

 

 

 

 

 

岡山に呼んでくださったのは、別の神社様でしたが

仕事の案件で確認したいことがあったため、立ち寄りました。

 

 

午前7時。

 

 

周囲はまだ薄暗く、お寺のかたがいらっしゃる程度でした。

 

 

 

 

 

恵信

(んー。やっぱりか)

 

 

予測していた通りのエネルギーを感じ取り

辺りを見渡し、フイと山の中腹に顔を向けると

 

 

恵信

(あそこから上か)

 

 

磐座らしき大きな岩が、人為的に積まれているのが見えました。

 

 

 

本堂に続く広く大きな階段を登り、看板に目をやると

山の画の、上方に矢印と『奥之院』と記載があり

 

 

あぁ、これは登らなアカンなぁと思ったのです。

 

 

 

目的地は山の中腹か、更にそれより頂上に近い場所。

 

 

 

いよいよ早朝登山の始まりです。

 

 

 

 

 

失礼ながら、本堂には目もくれず

確認作業も踏まえて

まずは登山道の途中にある、摂社が並ぶ場所へ。

 

 

恵信

(時間が時間なだけに、合わないな。まぁ仕方ないか)

 

 

静寂の中で、弦がピンと張っているかのような緊張感に、鋭い目つき。

あまり人には見せたくないような、ピリピリした顔つきに変わります。

 

 

恵信

(煩わしいもんが、チョロチョロしよるの。邪魔じゃ)

 

 

いちいち相手にしている時間は無いので、摂社の前を一通り過ぎて

確認作業を終わらせていきます。

 

 

恵信

(まぁ、遠隔で見ていたのと、ほぼ同じやな。

さっさと上に行こ)

 

 

サクサクと登山を開始。

 

 

足場は、いびつな石段があるくらいの山道。

 

とはいえ、幼少期は山の中を走り回り、木によじ登ったり

“秘密基地~!”と言って山川で遊んでいた身体ですので

基礎体力はあるほうです。

 

 

 

マスクを付けたままの有酸素運動状態で

約30分登り続けました。

 

 

△既に中腹の岩を超えた先で写真。

 

 

恵信

(此処まで来たら、空気もいい。でもここじゃない)

 

 

更に道を引き返すと“奥之院”への看板の矢印が

頂をさしています。

 

 

ここより、もっと上か。と

無心で登り続けました。

 

 

 

 

 

本堂の前から、ひたすら登ること約90分。

 

 

漸く広場に辿りつき、眼前には奥之院の鳥居が見えました。

 

 

そして最後の階段の下に着いて、階段の上を見ていると

御坊様が通りがかられました。

 

 

恵信

(山頂に住んではるんかな?あ…二度見しはった)

 

 

時刻は8時30分。

 

 

あまりに早い時間帯に、人が登ってきたことに驚かれたのか

御坊様は階段の上で、私を二度見されたのです。

 

 

少し休憩してから、最後の階段を登ると奥之院。

 

 

空が近く、静かな場所でした。

 

 

△奥之院の本堂の前

最上稲荷は、お寺に属したり、神社に属したりを繰り返していますので

鳥居もお堂も一緒にありますが、現在はお寺です。

 

 

恵信

(あぁ、綺麗な処や。気持ちがええ。

こういうところで、静かに暮らしたいもんや)

 

 

ほっこりしつつ、ここでも確認作業をしていきます。

内容は企業秘密。

 

 

作業をしながら、敷地の裏手に周ると

そこには、車とアスファルト。

 

 

恵信

「裏側から車で登ってこれたんやん!!」

 

 

御住職が山頂に住んでいらっしゃるとは、知らなかったといと言えど

普通に考えても、車で上がって来れなければ日常生活が大変ですよね(笑)

 

 

この時ばかりは肩を落としましたが

素敵な景色と、山々の精霊たちに触れ合うことができたので

結果よしです♪

 

 

御朱印をいただいて、少しのんびりと構えながら

 

来た道を再び下りました。

 

 

 

 

 

次に行くときは、車で行くと思います(笑)

とか言いながら絶対、足で登っちゃうタイプ

 

 

 

 

 

→続く!

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me