*不思議体験シリーズ2 京都編34*

還ってきました!不思議体験シリーズ!!

2016年からの現在まで。

不思議体験やいかに!
*前回のお話はこちら

*優琉のブログはこちら

******
 

2018年 4月12日

~弟子への覚悟~

 

 

 

 

 

この日、大阪でお会いしたのは、優琉のお母様でした。

 

 

 

 

 

ご自身のことの相談もありましたが

ほとんどは、優琉のことについてでした。

 

 

 

 

 

優琉は持病があるため、この約2年間は社会へのお勤めができず

入退院を繰り返していました。

 

 

将来的にも会社勤めは難しく、難病のため完治する見込みも薄いものです。

 

 

 

 

 

一通りお母様から話を聞き終えると

 

自営業をするほか、この先に優琉が独りで生活していく手立てはありませんでした。

 

 

 

“先生、なんとか優琉が将来生活していける方法はありませんか?”

 

 

そう問われた時に、暫し考え込んだのです。

 

 

恵信

(うーん。優琉くんの持病は初めて聞く病気や。いやー、でもやっぱり

私が面倒見るて言うほかに、方法ないやん)

 

 

 

どうしたものか…。

 

 

 

私は母親が、私の生まれる以前から身体障害者だったため

難病だろうが、持病だろうが、障害があろうが

ただの個性としか見てません。

 

 

病にお金が掛かったとしても、お金が無ければ働けばいいだけですし

それでも足りなければ、身体を売ればいいだけのことです。

 

 

恵信

(うちのオカンも働けないしなー。息子もいるけどなー。

1人増えようが2人増えようが、3人も4人も変わらんでな)

 

 

他の師弟関係が、どのようなものかは分かりませんが

 

仏教は基本的に、弟子が自立するまでの生活費等を、師匠が総て面倒みます。

※優琉は、ちょっと例外なので、これに全て当てはまってるわけじゃありません。

 

 

 

 

 

結論。

 

 

 

 

 

これも縁やし、面倒みましょー!!

↑ノリは軽いですが、腹はくくってます。

 

 

 

 

 

恵信

「あのね、お母様。これは本人の意思があるので、無理強いはできませんが

優琉くんも今年から急に霊感体質が上がった訳ですし

病気のこともありますから、本人がYesと言うのであれば私が仕事の面倒みますけど、どうですか?」

 

 

そう告げると、お母様からは

是非是非、お願いしますとの返答がありました。

 

 

 

 

 

セッションを終えて、いつだったか定かではありませんが

 

 

 

 

 

優琉にメールを送ってみました。

 

 

 

 

 

ですが返事は

「霊能系の仕事はしたくない」

 

 

 

 

 

…ふられたわけです(笑)

 

 

 

恵信

「そらそやわなー。私かて、この仕事はしたくない。これしか選択肢を残してもらえへんかっただけやしなー。賢い子やなー ^^

でも才能はあるのに、もったいないねぇ」

 

 

 

 

 

何の基準で選ぶかと言うと

 

 

ただ単純に、魂の純度が高いかどうか。

 

 

 

 

 

つまり、使う力が黒ではなく、白に近い人を好みますし選びます。

 

 

 

人は誰しも、真っ白な魂ですが、人間界で生活していくうちに、白い魂の周りを

黒い泥のようなものが、覆っていきます。

 

 

その泥に負けず、どれだけ白い魂を泥の間から表面に覗かせているか。

 

 

 

人の過去や、未来なんかは一切見ませんが

魂の状態だけは

どれだけ霊視回路を狭くして、見えにくくしても

初対面のときに、必ず見えてしまいます。

 

 

防衛本能と同じなので、この部分だけは

未だにコントロールが利きません。

 

 

 

 

 

優琉の魂は、すごく純度の高いものでした。

 

 

それだけに惜しいと、再び説明を加えてメールを送信(笑)

 

 

 

霊能といっても、恵信と同じ仕事ではなく

 

“ヒーラー”として、人を癒す仕事をするということを、伝えました。

 

 

 

すると返答が変わり

 

“少し考えてみる”

“ヒーラーとは何か、話を聴きたい”

 

 

そんな意思表示をみせてくれたんです。

 

 

 

 

 

数日後には喫茶店で、対談の機会を設け

 

日常のことや

仕事のこと

能力のこと

 

そんなことを数時間に渡り、話していたように思います。

 

 

 

 

 

会話をしている中で、考えていたのは

 

 

・ヒーラーには向くが霊能者向きではない。

・霊能者には向かないが、仕事には付いてくる。

・荒療治が必要。

・何かが足りないけど、何かがシックリ当てはまる。

・そしてヒヨッコ(笑)

 

 

なんとも育て甲斐のある青年だと(笑)

 

 

 

 

正式に弟子になったのは、その直後だったでしょうか…(?)

 

 

 

 

 

*山に登りまくってます(過去の記事)

上記記事にも、少し記載していましたが

 

4月24日には、2人揃って島根県の出雲大社に、1泊2日で行っていましたね。

 

 

 

 

 

→続く

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me