*年末になるといつも思うこと*

年末になると、毎年その1年を勝手に脳が振り返ります。

残す所、あと16日で年が明ける訳で
例に漏れること無く、今年を振り返っていました。

 

この仕事を始めて、丸2年になりますが
慌ただしいのと、変化が激しいのはいつものこと。

それよりも、今年は閉鎖的に過ごしたという事実。

 

「人の執着心て怖い」と鑑定で多く感じ
人前に出るのが急激に嫌になり、すべてを手放して
できることなら山奥に引っ込んで、静かに暮らしたいな(笑)と思った1年。

 

 

ここからは必要な人に届いたらいいなと思う程度で書いて行きますが
今年の締めくくりに鑑定で1番多かった質問に答えます。

「どうやったら楽に生きられますか?」

「どうやったら愛されますか?」

「どうやったら相手は私の思い通りになりますか?」

「どうやったら幸せになれますか?」

 

それは

 

すべの執着を手放したときに、自分の内側からやってきます

 

人生とは魂を磨くため「人としてどう生きるか」を学び、実践して行く道筋です。

 

 

元は仏教語で「四苦八苦」という、あらゆる苦しみを表した言葉があります。

四苦とは「生」「老」「病」「死」の4つ。

八苦とは、四苦にさらに

愛別離苦あいべつりく愛するものとの別れの苦しみ。

怨憎会苦おんぞうえく」恨みを持つ人間にも会わなければならない苦しみ。

求不得苦ぐふとくく」自分が求めているものを得られない苦しみ。

五蘊盛苦ごうんじょうく」身体、感覚、概念、決意、認識の5つに執着することで生まれる苦しみ。

以上の4つを加えたもの。

これで「四苦八苦」になります。

 

五蘊ごうんとは「しき」「しゅ」「そう」「ぎょう」「しき」の五つを指します。

は身体や身体の機能のこと。

受は自分の五感などの感覚機能。

は自分の心の中で物事をイメージする力。

は意志形成力のこと。

とは物事を認識する力のこと。

 

それぞれが苦しみというわけではなく、それに執着することで
思い通りにならない、幸せじゃないという苦しみが生まれるのです。

 

 

幸せだったと感じられるように。

欲に溢れた世界ではなく、愛の溢れた世界にと切に願います。

 

あなたの今年1年は、どんな1年でしたか?

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me