二見輿玉神社〜伊勢神宮

2018.12.28

魂のルーツを知りたいけど知りたくない。

キーワード「熊野」は一昨年から昨年の夏まで
ずっと出ていたけれど

現地にまで足を運んでしまうと
自分が希んでる以上の仕事を与えられると分かっていたので
ずっと熊野本宮大社を避けていました。

 

けれどそろそろ、避けることも敵わなくなってきた。

 

伊勢と熊野はワンセット。

 

お伊勢さんからも、およびは掛かっていたので
これ幸いに(?)と年末に一泊二日。

 

早朝から車を走らせてもらい
旦那くんでもあり弟子でもある優琉と、御詣りに行ってきました。

 

正式参拝順路は

二見輿玉神社→伊勢外宮→月夜見宮
→伊勢内宮→月読宮→倭姫宮

 

というわけで、まずは「二見輿玉神社」

社名:二見輿玉神社(読み:ふたみおきたまじんじゃ)
祭神:猿田彦大神、宇迦御魂大神(ここでは豊受大神の別名とされています)
場所:三重県伊勢市二見町江575

奥に見える「夫婦岩」が有名ですね。

 

ここで何をするかというと「禊」です。

 

はるか昔から二見輿玉神社で禊の儀式をしてから
伊勢神宮に詣でたといいます。

とは言っても、今回せっかくの正式参拝。
形式だけで禊を行ったわけではありません。

せっかく綿津見大神(読み:わたつみのおおかみ)も境内にいらっしゃるのですから
いろんなもの、禊してきました。

禊しながらのルンルン♪

優琉は海水に、ざっぱーん!と背中から襲われていました。

 

40分ほど滞在した後「伊勢詣り」に。

 

言わずと知れた お伊勢さん。
正式名称は「神宮」の二文字のみ。

内宮の風日祈宮では
優琉も空間の大きな違いに気がついた様子で
級長津彦命様(読み:しなつひこのみこと)を見て

「でっかい男の人!」て言っていました(笑)

 

神宮でも、たくさんの出来事がありましたが
書くと不都合もたくさんあるので省略します。

 

1日目は おかげ横町にも立ち寄り
ご飯を食べたり、お土産を買ったりで久しぶりに楽しかったですよ ^^

 

なんといっても夜には居酒屋さんで
北海道と同じサイズの“縞ホッケ”を食べられたので

「三重県はエエところじゃ〜」と幸せになったのでした ^^

!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA