占いの縦と横

いつも懇意にしてくださってる方から、お題をいただきましたキラキラ

占いに興味あるかた
エネルギーに興味あるかた
恵信の普段なに考えてるの?的な脳みそに興味あるかた(笑)

では、どうぞ🙌

お題

お引っ越しの話が出てきたりした場合、九星気学ではまずくても、宇宙の後押しの方が強力ということなのかな?
方位取りして、方向ばかり気にした選択をしていたら

宇宙から降り注ぐパワフルなエネルギーと相違が出そうなのが気になってて。
昔からの占いとその星回りのエネルギーについて機会があれば、ぜひ!!

 

ということなんですが!
楽しそうな、お題ですよねおねがい

 

これは秋分の日前後から10月5日にかけて、人生の分け目になるから
それまでは停滞してても、準備期間だと思ってね~。という
インスタグラムのストーリーが前提にあるんですが

私ね九星気学勉強してないんです!!笑い泣き
でもだからと言って無知というわけでもないんで、答えますが

 

結論だけなら
「相違は出ると思います。というか出ますし
九星気学だけだと結果が外れるという部分が多々出ます」

なぜかはてなマーク
例えるなら
九星気学は横(同僚、人)だけで
宇宙のエネルギー(縦社会、神仏)を隅々まで見ることができていないからです。
(あ、どこかから怒られそう)

 

宇宙のエネルギーを全く見られないということではなくて
取りこぼしが出ちゃうってことです。

 

九星気学って「九星」と「気学」の2つの占術を組み合わせてその人の吉凶方位を見る
一白水星
二黒土星
三碧木星
四緑木星などなど
よく耳にするあれですが

一白水星とか二黒土星とか
天体の名前が入ってるから、天文と関係があると思われがちですが、実は全く関係ありません。
九星気学は、どちらかと言うと人間が人間のために作った人間臭い占術しょんぼりに感じます。
つまり横社会だけを見てるような感じなんです。

 

九星気学の勉強を始めると
周易
奇門遁甲は避けて通れないものですが
宇宙のエネルギーとの相違を減らすのであれば
奇門遁甲は必ず併せて、結果を見た方が良いです。

奇門遁甲は宇宙のエネルギーを見るようなものです。

くどいですが
吉方位、吉方位取りは己のエネルギーの循環を高めるためであり
奇門遁甲は宇宙のエネルギーを取り入れるもの。

詰めていくと
九星、気学、奇門遁甲、掛、四柱推命、宿曜などは古来 中国から伝来したものですが
日本でも改良が行われて、日本式になってるものがほとんどですし
そこから派生していった流派によっても結果はかなり違いますえー?

 

ですので、1つの流派の結果だけに拘らず最低2つの流派の結果を元にした方が良い結果が得られます。
結果がかなり違うなかでも、共通している事項はあるので、そこをキーポイントにするんです。

ちなみに西洋占星術も同様のことが言えます。
だいたい150年くらい前に占術を都合よく書き換えて、世に広めた方がいますから。
占いって奥深いので「源流はどこか」を探し求めて
見つけたところで占うのが1番良いと思われます…。

プラス!
縦と横を組み合わせると、自身と宇宙のエネルギーが
バランスよく混じって、人生の波に乗るのが楽勝になりますキラキラ

星回りのエネルギーについては、またいつか🙌

 

毎月下旬にクーポンが配信される公式LINE
LINE ID: @sve1433o (最後の文字はアルファベットのオーです)
!!SNS情報!!

インスタグラムは更新率高めです^^
公式恵信アカウントです↓

Follow Me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA